スタッフ日記

シルバーウイーク

  2016/09/22    ここだけの話

皆さんこんにちは!

蝦名事務所の横野と申します。

世間では9月の今時期の連休をシルバーウイークなんて言い方をしますがシルバーウイークの由来ってなんだろうと調べてみました。

元々は1950年代にゴールデンウイークに対する言葉として提唱されたようですが、あまり馴染まなくゴールデンウイークという言葉だけが定着していったようです。
時期も9月ではなく11月の文化の日前後を指していたようです。

その後ハッピーマンデー制度が導入され、敬老の日が9/15から第三月曜日に変更となりました。また、祝日法も「その前日及び翌日が『国民の祝日』である日(日曜日にあたる日及び前項に規定する休日にあたる日を除く。)は、休日とする。」という改正がなされましたた。これにより秋分の日が水曜日になると日月火水が休日となり土曜日を含めると5連休という形となります。

敬老の日を含む大型連休ということからシルバーウイークと呼ぶようになったそうです。

銀と老をシルバーで結ぶとは粋ですよね。

それではまた次回に!

ノー残業デー!!

  2016/09/20    ここだけの話

皆さんこんにちわ!

蝦名事務所の横野と申します。

本日平成28年9月20日は火曜日です。火曜日と言えば皆さんご存知の通り蝦名事務所はノー残業デイを導入しました!

ノー残業デーとは何でしょうか。

「会社全体、あるいは部署ごとに、その日は残業をせず、定時(所定終業時刻)で、退社する日を設定することです。場当たり的に仕事を進めていては、「ノー残業デー」に定時に退社できるとは限りません。ノー残業デーを設定することで、生産計画・業務計画など計画的な仕事の進め方の習慣づけが出来ます。業務がたくさんあって、長時間残業をしなければ終わらないと思っていても、ノー残業デーの制度によって定時に退社してみると、案外大丈夫な場合もあるものです。逆に省ける業務がはっきりするかもしれません。また、先輩が残っていると、先に帰りがたい等いわゆる付き合い残業が無駄な時間であることも顕在化してくると思われます。あるいは特定の担当者に業務が集中していることが顕在化すれば、業務再配分のきっかけになるかもしれません。」

※福岡労働局より抜粋

ノー残業デーによるメリット

・効率的な仕事の仕方を考えるようになる。
・趣味やスキルアップのための時間を確保することができる。
・残業時間の削減につながる。

ノー残業デーのポイントとしてはノー残業デーの就業時間後にプライベートの予定を入れてしまうと
しっかり定時に帰れるようになるというお話も聞きました。

ワークライフバランス大事ですよね!

それではまた明日!

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。