スタッフ日記/ お知らせ

中小企業競争力強化促進事業

  2016/05/08    お知らせ

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士の蝦名です。

 

補助金情報のご紹介です。

対象になりそうな事業所は要チェックですね!

 

【中小企業競争力強化促進事業】
北海道が、「北海道経済構造の転換を図るための企業立地の促進及び中小企業の競争力の強化に関する条例」に基づき、道内の中小企業が新分野・新市場への進出に取り組むために要する経費の一部を助成する平成28年度中小企業競争力強化促進事業を実施します。

※ 募集期間

平成28年4月15日~平成28年5月27日
※ 募集事業(補助率1/2以内)
・マーケティング支援事業
中小企業者等が新分野・新市場進出等を目指した商品・サービスの各種市場調査や道外の展示会・商談会への出展に係る経費
補助限度額:200万円
・アドバイザー等招へい支援事業
新分野・新市場への進出等を目指した技術開発や生産管理、マーケティングなどの専門アドバイザーや専門技術者等の招へいに要する経費(招へい日数11日以上)
1企業につき100万円(1アドバイザーにつき50万円)
・産業人材育成支援事業
新分野・新市場への進出等に資する従業員等の先進企業、研修機関、専門職大学院等への派遣に要する経費(派遣日数30日以上)
補助限度額:50万円(1人あたり)
・産学連携等研究開発支援事業
中小企業者等を2分の1以上とするグループによる加工組立型工業、基盤技術産業等、食品関連産業等、環境・エネルギー産業に関する新分野・新市場進出等を目指した研究開発に要する経費(産学連携又は異業種連携による共同研究に限る)
補助限度額:1200万円
・市場対応型製品開発支援事業
新分野・新市場を目指した商品・サービスの開発及びこれに伴う市場調査、道外展示会出展等に要する経費(市場調査等のみを行う場合を除く)
補助限度額:300万円(うち市場調査等経費200万円)
※ 対象者
新分野・新市場への進出等に取り組む道内の中小企業者等

札幌市ものづくり産業人材育成支援事業補助金

  2016/05/07    お知らせ

みなさん、こんにちわ。

札幌の税理士・社労士の蝦名です。

 

事業に関する補助金情報のご紹介です。

対象になりそうな事業所は要チェックですね!

 

【札幌市ものづくり産業人材育成支援事業補助金】
札幌市が、市内ものづくり産業の競争力及び成長性を高め、札幌市経済の活性化に寄与することを目的として、市内中小製造業者、企業グループ又は組合等が行う人材育成及び技術向上に関する研修に対して、研修費用の一部を補助する「札幌市ものづくり産業人材育成支援事業」を実施しています。

※ 募集期間

平成28年4月18日~平成29年1月31日
※ 対象事業
補助金交付決定の日から平成29年3月31日までに実施する以下の事業が対象となります。
※下記のいずれも研修開催時間が6時間以上のものが条件となります。
・外部教育訓練機関での研修受講
・事業内研修の開催
・札幌市指定の研修受講
※ 補助対象者
下記の要件をすべて満たす方が対象となります。
1.製造業(注1)を営む中小企業者(「資本金3億円以下」、「従業員300人以下」のいずれかを満たすもの)
2.市内に本社を有していること
3.市内で引き続き1年以上同一事業を営んでいること
4.市税を滞納していないこと
5.地方自治法施行令第167条の4の規定による、札幌市における一般競争入札等の参加制限を受けていないこと
6.発行済株式総数又は出資金額の過半数を、同一の大企業(中小企業者以外の企業)が所有、又は出資していないこと
7.発行済株式総数又は出資金額の3分の2以上を、(複数の)大企業が所有、又は出資していないこと
8.大企業の役員又は職員を兼ねている者が役員総数の過半数を占めていないこと
※ 補助率及び補助金額
外部教育訓練機関での研修受講、事業内研修の開催
→補助対象経費の2分の1以内。40万円を上限。予算の範囲内で交付(千円未満切捨て)。
札幌市企画(指定)の研修受講
→補助対象経費の2分の1以内。1人2万円を上限。(千円未満切り捨て)。
※ 補助対象経費
旅費、報償費、事業費、諸経費、その他

 

 

ホームページ上の「写真」「映像」「文章」などの内容を無断転載・転用を固くお断りいたします。